お名前照らす姓名判断ちゃん 赤ちゃんの命名に
HOME » 姓名判断の画数の数え方

姓名判断の画数の数え方

姓名判断の五格の算出の仕方 名前のそれぞれの文字の画数で五格を算出し姓名判断します。

姓名判断の五格について

総格

姓名の全文字の画数の和。
生涯全体や人生を歩んだ結果を表す。重要な要素。

人格

姓の最後の文字と名の最初の文字の和。
次第に形成される性格や能力などの運を表す。趣味、適職などを判断する。

地格

名の和。(名が一文字の場合、1を足す。)
もとより備わる心身や環境の運を表す。健康、家族関係などを判断する。

外格

総画から人格を引いたもの。(姓名が一文字の場合、それぞれ1を足す。)
外との関係の運を表す。人間関係や外からの評価や影響などを判断する。

天格

姓の和。(姓が一文字の場合、1を足す。)
先祖代々の運を表す。ここでは赤ちゃんの命名用なので単体では重視しない。

その他

各部の画数が同じになる同格、社会運、家庭運、陰陽など様々なポイントがある。



吉凶について

赤ちゃん 「凶」は単純に悪いことではなく、個性があって特別なことであったり、 「吉」も強運に翻弄され逸脱してしまうこともあったりします。

吉凶にこだわりすぎず、とある教訓として活かしましょう。

また、漢字の成り立ちや意味も名付けの参考にしてください。

旧字と新字、画数の差について

苗字は旧字で姓名判断 姓(苗字)は、漢字が整理統一された以前からのものなので、昔の文字(旧字)で画数を判断する場合があります。

名前は、名付けた今現在の文字(新字)の画数で計算します。

また、旧字と新字の違い以外でも、辞書によって画数の判断が分かれる場合があります。

例えば、「柴」は10画以外に9画(左上の部分の数え方が異なる)、「収」は4画以外に、5画、旧字「收」で6画など、画数の数え方は諸説あることを注意してください。

姓名判断の様々な方法について

姓名判断には様々な流派あり、流派ごとに方法や判断ポイントがあります。

どの流派を選べばいいのか? それは、当たっているかイマイチかで選んではいかがでしょう。いろいろ試してみましょう。



Keep